XAMPPの更新ついでに初期設定をメモ

Tools

XAMPPの設定見直しついでにバージョンアップをしたところ、いつの間にやら管理画面等の装いがずいぶんと変わっていました。

バージョン表記もPHPのバージョンにあわせたものに変わったようです。わかりやすくなりましたね。

PHPの設定なども少しだけ変わっていたので、基本設定だけメモしておきます。

バーチャルホストとエイリアスを設定

browser-syncなどと併用する際に混乱しないよう、XAMPPのapacheにローカルから参照できるドメインをhostsファイルで設定しておきます。開発ディレクトリも変更したいのでバーチャルホストとエイリアスで対応します。

<XAMPPディレクトリ>/apache/conf/extra/http-vhosts.conf を編集します。

<VirtualHost *:80>
    # hostsに追加したドメインを指定
    ServerName xampp-apache.com
    # ドキュメントルート
    DocumentRoot "C:/dev/"
    # エイリアスの参照ディレクトリ
    Alias /baz/ "C:/dev/foobar/public/baz/"
</VirtualHost>
<Directory "C:/dev">
    AllowOverride All
    # ファイル一覧を見られるようにしておく
    Options Indexes
    Require ip 127.0.0.1
</Directory>

phpmyadminの文字化け対策

初期設定のままPHPからUTF8のデータベースを更新するとphpmyadminで文字化けが起こりました。PHPとMySQLの文字コードをUTF8に統一します。

XAMPPの文字化け回避メモ

PHPでのメール送信設定

PHPでメール送信ができるようにします。

php.iniでsendmailのパスを指定します。

sendmail_path = "\"C:\<xampp_dir>\sendmail\sendmail.exe\" -t"
;; 不要かもしれませんが以下も念のため
SMTP=<smtp_server>
smtp_port=<port_number>
sendmail_from =<mail_address>
mail.add_x_header=Off

sendmail.ini(<xamppディレクトリ>\sendmail\sendmail.ini)でSMTP設定をします

smtp_server=<smtp_server>
smtp_port=<port_number>
auth_username=<user_name>
auth_password=<password>
force_sender=<mail_address>

コメント